低地取扱店は意外と少ない

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

低地権は不動産管轄のため、低地取扱店の表記がある不動産屋に相談するのが一番です。しかし、借地権や低地権はトラブルが多いことから取り扱いを嫌がる不動産屋も珍しくありません。特に借家借地法に関する知識は不動産によって差があります。低地権について相談する場合は、豊富な知識を持つ専門家がいる不動産屋にしましょう。

相談低地権に詳しい不動産屋と言っても、簡単には見つかりません。そのため、近隣の不動産屋の電話番号を調べて低地権に詳しい人がいるかを聞いてから店舗を訪れた方が効率も良いためオススメです。不動産店は地域によって変動がありますが、4か所~5か所は見つかります。不動産店の規模も関係しますが、1人~3人は低地権に関する知識を持っている人がいます。どこかの不動産店で特化した人がいないと、その市内での低地権や借地権の売買が成り立たなくなるからです。

低地権や借地権は、面倒な部分が先行するため詳しい人が少ないのも無理はありません。ただ、気をつけたいのが査定額です。売却する場合査定額が大きいに越したことはありませんが、即決せずに他の店舗で査定をしてもらって見比べてみましょう。査定する人間によって若干の変動はありますが、大きな差が出ることはありません。査定金額が妥当かどうかを調べるためにも複数人から査定を受けましょう。